トレンドラインブレイクのダマシを避ける方法

前回の記事では、ロールリバーサル及びロールリバーサルを使ったトレード手法について解説しました。

今回はその応用編としてトレンドラインをブレイクしたレートに水平線を引いてトレードする手法について解説します。

トレンドラインのブレイクは勝率が低いと言われてはいますが、この手法を使えば安定した勝率でトレードが出来ます。また、トレード手法のレパートリーが増えるので、ライントレーダーの方は取り入れてみてはいかがでしょうか?

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

トレンドラインからのブレイク狙いについて

トレンドラインとは、相場のトレンド方向に引く斜めのラインです。

高値と安値を切り上げる上昇トレンドであれば安値同士を結び、高値と安値を切り下げる下降トレンドであれば高値同士を結びます。

このラインを価格が逆方向にブレイクしてきたらエントリーするのがトレンドラインブレイクです。

上手く行けばこのチャートのように大きなブレイクを狙う事が出来ます。

しかし、良いことばかりではありません。
ラインをブレイクしてきた!と思ってエントリーしても、すぐに戻して結果的にダマシだった・・・なんてこともよくあります。(むしろこっちの方が多い)

トレンドラインブレイクは、水平線のブレイクを狙うよりも難しいです。

なぜなら、トレンドラインを引くこと自体が難易度が高めですし、ラインブレイクを見極めるのも難しいからです。

ラインブレイクを狙うのは、基本的に「先制攻撃」です。
上手く行けば低リスクで大きな利益を得ることができますが、急な反撃にあって負けることも多いのがデメリットです。

では、ラインブレイク時には手を出さずに、しばらく様子を見てから後出しするのはどうでしょうか?
かなり楽にエントリーになると思いませんか?

今回はそのやり方についての解説です。

トレンドラインをブレイクした価格に水平線を引く

ここからトレンドラインブレイクの手法について解説していきます。

根本的な考え方は、「トレンドラインをブレイクしたレートは後になっても意識されやすい」です。

やり方は簡単。

  1. トレンドラインを引く
  2. トレンドラインをブレイクした価格に水平線を引く

これだけです。
チャートを見ると分かりやすいのでご覧ください。

緑色のトレンドラインをブレイクしたレートに引いたラインがが赤い水平線です。

ローソク足が緑色のトレンドラインをブレイクした後は、少し下げました。この時点でブレイクはダマシではなかったと判断できます。

その後、価格は赤い水平線まで戻してから再度下落しています。

トレンドラインをブレイクしたレートは後になっても意識されやすいのです。
この時の市場参加者の心理については後述しますが、これはロールリバーサルと同じ考えですね。

次に下降トレンドラインのブレイクの例です。

見事にトレンドラインをブレイクした価格で反発していますよね。
この動きはあまり知られてはいないのですが、かなり有効に機能します。

なので、場合によっては頻繁に見ることができます。

トレンドラインをブレイクしたレートで反発しやすい・・・ということが分かれば、仕掛け所も見えてきます。

トレンドラインブレイク&水平線のトレード手法について

トレンドラインをブレイクした価格に水平線を引くやり方を利用したトレード手法について解説します。

もう既に予測済みかとは思いますが、ラインブレイク後の水平線にタッチしたらエントリーです。

この手法は、トレンドラインをブレイクした所でエントリーしないのでダマシに合う確率が低いです。

また、トレンドラインをしっかりとブレイクした後の戻りを狙う「待ち」の手法なので、事前にエントリー水準が分かるのでトレードプランも立てやすく、利食い・損切りについても決めやすいです。

勝率を高めるコツとしては、それまでにしっかりと機能していたトレンドラインがブレイクされたところで水平線を引くことです。

あまり意識されていないトレンドラインに水平線を引いても効果は薄いので、この点は注意して下さい。

トレンドラインをブレイクした価格が意識される理由について

最後に、トレンドラインをブレイクした価格がなぜ後になって意識されるのかについて解説します。

①ではトレンドラインを勢いよくブレイクしています。
ここでは大きく上げてはいますが、実はショートで入っているトレーダーも多くいます。

そのトレーダーたちの一部は②の時点で「ラインがブレイクした!」と途中で投げ出してしまいますが、その一方でまだ投げ出さない人たちもいます。

しかし、その後も上げ続けたこともあってラインがブレイクされたのは明らか。

それからブレイクしたレートまで戻ってきた時に(③)、売りポジションを持っていた人たちが、「損益ゼロで良いから決済したい!」と殺到して決済注文(買い)を入れたため、反発するのです。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

 

私のトレード手法を教材にしました
おすすめの記事