【ダブルトレンドライン】Cフォークの引き方、使い方、テクニックを解説!

今回はラインを使った手法の「Cフォーク(C Fork)」について解説します。

C Forkとは、「Chuvashov’s Fork(チュバショフ・フォーク)」の略で、2本のトレンドラインを用いたシンプルな手法です。

ロシア人トレーダーのStanislav Chuvashov(スタニスラブ・チュバショフ)氏が考案したやり方で、ロシア人トレーダーの中ではポピュラーなやり方の様です。

Cフォークはトレンドの転換から逆張りに応用できる手法で、シンプルであるが故に様々なトレード手法と組み合わせやすい特徴があります。

Cフォークの引き方から使い方まで詳しく解説していきます。

アマギ
アルファベットの「C」の形のようなパターンではありません。

Cフォークとは?

Cフォークでは、2本のトレンドラインを利用します。

やり方は簡単です。

  1. 最初に軸となるトレンドラインを引く
  2. Cフォーク成立の条件となる、1本目よりも角度の緩いトレンドラインを引く

実際にやってみましょう!
まずは1本目の軸となるトレンドラインを引きます。

  • 上昇トレンドラインであれば、高値と安値を切り上げる中で安値同士を結ぶ
  • 下降トレンドラインであれば、高値と安値を切り下げる中で高値同士を結ぶ

次に、最初に引いたトレンドラインの2つ目の安値と次の安値を結びます。

2本目のラインは、1本目のラインよりも角度が緩くなくてはいけません。
こうすることでCフォークのラインが引けます。

その後、2回目に引いたライン(角度の緩いライン)を割ってきたらトレンド転換と考えます。

1本目に引くトレンドラインは、上昇トレンドであれば必ず高値と安値を更新する必要があります。
しかし、2本目に引くラインは、必ずしも高値を更新する必要は無いようです。

アマギ
個人的には高値を更新せずに少し反発した所でラインを引く方が良いかなと思います。

Cフォークを利用する際のヒント

FXでCフォークを利用する際の注意点は下記の2つです。

  • ダマシもそれなりにある(テクニックが必要)
  • マルチタイムで利用する

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ダマシもそれなりにある(テクニックが必要)

Cフォークはシンプルです。
シンプルということは、それだけトレーダーの裁量判断に任せられる、とも言えます。

つまりは、技術が必要ですし、ダマシもそれなりにあります。

例えば下のチャートをご覧ください。

これは上手く行ったパターンです。
最初にしっかりとした下降トレンドのラインを引いて、それよりも緩い角度のラインでCフォークが成立後、ブレイクした所でエントリーすれば、大きな利益になります。

では次をご覧ください。

Cフォークが3本引いてあります。
最初のブレイクではダマシとなりました。

そして次がようやく本物のブレイクになっています。

このように、Cフォークが成立=必ずしも勝てるわけではありません。
見様見真似ではダマシになることもありますので、しっかりと検証しましょう。

また、ダマシとなったらすぐに損切りする必要があります。
Cフォークでエントリーをした後、最初のトレンドラインに到達したら絶対に損切りしてください。

アマギ
簡単に見えるものほど、難しかったりするんですよね。

他のテクニカル指標と組み合わせる

前述の通り、Cフォークはシンプルです。

コレは他の手法との相性がいいというメリットにもなります。

例えば、下位足で下降トレンドラインCフォーク成立後、2本目のラインを上にブレイク(ロングサイン)。上位足はサポートラインに当たって反発中。

こういった流れだと上位足レベルでの反発の流れに乗れますので、勝率が格段にあがりますし、リスクリワードも大きくなります。

アマギ
Cフォークの狙い所は正にココですね。

まとめ

今回はCフォークについて解説しました。

トレンドラインを複数個描画するやり方は元々あるので、似たような方法でラインを引いている方もいるかもしれません。

Cフォーク自体は簡単ですが、これだけで利益を出し続けるのもなかなか難しいと思うので、マルチタイムで考えたり、他の指標と組み合わせて利用されることをお勧めします。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

 

私のトレード手法を教材にしました
おすすめの記事