検証の鬼が推奨!トレード技術を爆上げする検証ソフトはこれだ!

私が提唱するFXで勝てるようになるための3ステップは以下の通りです。

勝てるようになるための3ステップ
  1. 手法を検証して身につける
  2. リアルトレードに移り、しっかりとトレードノートを付けて見直す
  3. 見直す項目は過去検証してリアルトレードにフィードバックする

 

以後、2と3の繰り返し

 

超簡単に書きましたが、勝てるようになるには「検証」が超重要です。
検証とは、過去のチャートを利用して、手法の優位性を確認したり、トレードの練習をしてトレードスキルを上げることを言います。

そんな超重要な検証ですが、過去のチャートをザーッと見るだけでは全くの無意味です。

トレード初心者にありがちなことなんですけど、先の動きが見えるチャートを使って、「はい、ここで買って、ここで売る。」なんてことをやっても、ほとんど技術は身につきません。これだと緊張感もないですし、先が見えることによる後知恵バイアスのおかげで、自分の求める結果通りに検証してしまうんですね。

では一体どうすれば良いのか?

過去のチャートを実際に動かしながら検証すればいいのです!!
そうすれば、リアルトレードのような先の見えない緊張感をもって検証ができます。

今回は、ハイスピードで過去の相場を動かして検証ができる「精神と時の部屋」のような検証ツールをご紹介します。

アマギ
検証せずにトレードしようとしても勝てませんぜ。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

Forex Tester4


最強の検証ソフトです。
とりあえずコレを持っておけば大丈夫!というレベルで優秀です。

Forex Tester4を使えば、よりリアルな形で過去のチャートを動かして仮想トレードが出来ます。

同時に上位足や他の通貨ペアも一緒に動かせるので、例えばユーロドルの5分足を執行時間足にして、上位足の1時間足、4時間足、日足を一緒に表示させつつ、他の通貨ペアのチャートも監視することもできちゃいます。

もうほとんどリアルと変わりません。
しかも途中で検証を中止した後に同じところから検証を再開できたり(セーブ機能)、チャートを巻き戻して重要な価格の形成過程を何度も繰り返し見ることもできます。

アマギ
私は最初にForex Testerを見た時は「夢のソフトか!!」と思いました。

 

ForexTester4はFXのトレードを練習するために作られたソフトなので、性能としてはピカイチです。

しかし、完璧ではありません。弱点もあります。

弱点としては、MT4のカスタムインジが表示できない、ソフトの価格に加えて価格データが有料といった点があります。

ForexTester4になってからは、一部のMT4のカスタムインジもFT4用にコンバートできるようになりましたが、大して期待できません。どうしてもFT4で使いたいのなら、専門のプロに依頼するしかありません。

また、価格データは月額式で月に4000円ほどなのでかなり高いです。
価格データは高いですが、ティックレベルで再現してくれるのはFT4の強みです。スキャルピングをやっている方なら購入する価値はあると思います。

Forex Tester4のメリット

FT4のメリット
  • トレード検証ソフトとしては最強
  • 速度調節が可能
  • 上位足や他の通貨ペアも一緒に動かせる
  • 巻き戻し機能が付いている
  • セーブ機能が付いている
  • ティックレベルで再現できる(Vipデータを使えば)

検証ソフトとしての性能は一番です。
一番リアルに近い状態でトレードの練習ができます。速度調節やマルチタイム表示も当たり前にできるので、リアルに近い形で効率よく検証を進められるのが良いですね。

仮想売買したデータは保存できます。
保存したデータを読み込めば、チャート上に売買ポイントがしっかりと表示できるので、トレードの見直しもしやすいです。

Forex Tester4のデメリット

FT4のデメリット
  • MT4用のインジケーターは基本的に利用できない
  • 価格データが有料

MT4用のカスタムインジを利用して検証したい場合はFT4は向きません。裁量トレード練習君プレミアムをお勧めします。

価格データが月額式もしくは買取式なのは痛いですね。
でも一番高いVIPデータを購入すると、tickレベルで動きを再現できるのは大きなメリット。スキャルピングをやるならtickデータを購入するのも選択肢に入るかなと思います。

価格データは高いですが、裏技的に他のFX業者のデータをインポートすれば無料で使えます。
また、有料データを1か月だけ契約すれば、過去のデータは全部ダウンロードできます。とりあえず過去検証したい場合は最初に1ヵ月だけ有料データを購入することをお勧めします。

アマギ
MT4のインジケーターを全部使えるんだったら、FT4が全てにおいて最強になるんですけね。

 

裁量トレード練習君プレミアム


MT4で検証したい場合にお勧めしたいのが裁量トレード練習君プレミアムです。

裁量トレード練習君プレミアム(以下、練習君)は、MT4のバックテスト機能である「ストラテジーテスター」を利用するソフト(厳密にはEA)になります。

MT4はあくまでもトレード用のソフトで、FT4のように検証のために作られたソフトではありません。「トレードの練習」について言えば、FT4にはかないません。

まぁそれは当然と言えば当然ですよね。
しかもMT4はリリースが2005年。バージョンアップは続いていますが、基本的な機能は15年変わっていないのです。

なら「FT4の方が絶対にいいじゃん!」となるんですが、FT4の解説でも書いたように、FT4はMT4のカスタムインジを表示することが出来ないんですね。

しかし、練習君ならMT4のカスタムインジもしっかりと動かせます。
なんせMT4で検証するわけですから。

機能的にはFT4には劣りますが、MT4のカスタムインジを使って検証したい場合には練習君が最強になります。

アマギ
FT4に劣る・・・と言っても、マルチタイムでチャートを動かしたり、速度調節、検証終了後のレポート出力なんかは当然のようにできます。

 

裁量トレード練習君プレミアムのメリット

練習君のメリット
  • MT4のカスタムインジが使える
  • MT4の操作に慣れている人なら、いつもと同じ感じでトレードの練習ができる
  • 速度調節ができる
  • 他の時間足も一緒に動かせる
  • トレード終了後にレポートを出力できる
  • 価格データは無料で使える

MT4のカスタムインジが使えて、価格データが無料がFT4にはないメリットです。

それ以外の機能についてはFT4の下位互換ですね。

裁量トレード練習君プレミアムのデメリット

練習君のデメリット
  • 機能面ではFT4には敵わない
  • 他の通貨ペアのチャートを一緒に動かすことはできない
  • 巻き戻し機能やセーブ機能はない
  • ティックレベルでチャートを動かせない

上でも書きましたが、機能面だけで見れば練習君はFT4の下位互換です。

ティックから動きを再現しようとしても、MT4の仕様上、足が確定するまでの動きはランダムなので、足が確定する前にエントリーするスキャルピング手法には向きません。

MT4用のインジを使わないのならFT4、MT4用のインジを使うなら練習君

検証ソフトを持っていない人は、「どっちが良いかなぁ」と悩むと思います。

両方持っている私からすると、どっちを買っても損することはありません。

しいて言えば、MT4用のマニアックなカスタムインジを使っているなら練習君、そうでなければFT4が良いかなと思います。

他にも、できるだけお金をかけたくなくて、最低限の機能で十分なら練習君でお釣りがくるくらい効率のいい検証ができます。

もし悩んでいる人がいたらコメントください。
私なりにアドバイスしますので。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。