多くの検証から導き出した仲値トレードの必勝法!

仲値トレードとは、仲値が決まる日本時間の9時55分まではドル円が上げやすい傾向を利用したトレード手法です。

トレード時間は限定されていますが、再現性が高く有名な手法です。

ただ、有名ではあるものの、簡単に勝てる手法と言うわけではでありません。
狙う日付やそれまでの流れを考慮しないと負けてしまうこともあるので要注意です。

そこで本記事では、私が検証した中でもっとも勝ちやすい仲値トレード手法を解説します。

アマギ
ポイントは日付とそれまでのトレンドです。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

仲値とは?

仲値とは、日本の銀行などが顧客と通貨を売買する時に適用される価格のことです。

日本時間の9時55分のドル円のレートを参考にして決められます。

アマギ
銀行で円をドルに両替するときは、その日の仲値のレートで両替することになります。

 

当然輸出入企業がドルを日本円に両替したり、円をドルに両替する際にも仲値が用いられます。

一般的に東京時間の値動きは小さいのですが、仲値発表前は相場の動きが激しくなる傾向にあり、ドル円が上昇しやすくなります。

ドル円が仲値に向けて上がりやすい理由

仲値を利用した取引をするのは、個人ではなく企業の方が多いです。

特に日本では輸入企業が仲値を使った実需の取引(ドルで商品を購入するためのドル買い・円売り)をすることが多いようで、仲値発表前に事前に銀行等に注文を入れます。

銀行等は仲値発表前にドルを仕入れるために先にドル買い・円売りをします。
(仲値発表前にドル円のレートを釣り上げて、より高値でドルを売りたいという思惑もあるようです)

下のチャートは、典型的な仲値発表前後のドル円の動きです。

大体9時半くらいから上げ始めて、9時55分前後で頂点を付けてその後は下落のパターンです。

アマギ
こういった傾向があるんですね。

ゴトー日の仲値前、特にゴトー日かつ金曜日の仲値前は上げやすい


統計的に、ゴトー日の仲値発表前はドル円が上げやすいことが知られています。

アマギ
ゴトー日とは、5日、10日、15日のように5の倍数の日です

 

なぜならゴトー日は企業の決算日となることが多いため、仲値を使った為替取引が増えるのです。銀行側がその取引の準備をするためにより多くのドル買い円売りを行うため、ドル円が上げやすくなるのです。

さらにゴトー日の金曜日、週末&月末のゴトー日(30日金曜日)などは更にその傾向が強いです。

つまり、ゴトー日は仲値の決まる9時55分にかけてドル円が上げやすいのであれば、その流れに乗ってドル円のロングを仕掛けるのが仲値トレード手法です。

アマギ
上向きの追い風が吹いているところでロングするイメージです。

 

ゴトー日仲値の買い戦略

仲値についてまとめます。

仲値のまとめ
  • 日本時間9時55分に発表される
  • ゴトー日は仲値発表前(9時半頃)からドル円が上げやすい

これらの特徴を利用すれば、仲値を狙うトレード手法が見えてきます。

仲値の買い戦略は、ゴトー日の9時半頃からドル円をロングして、9時55分前に決済します。
9時50分過ぎくらいから上下が激しくなるため、53分くらいに決済するのもありです。

仲値トレードで勝率の上がる相場

ゴトー日の仲値戦略はいつでも勝てるというものではありません。
この時間帯は上げやすい傾向にはありますが、相場の状況や入るタイミングによっては負けることもあるわけですね。

そこで注視するのが9時から9時半までのドル円の流れです。

9時から9時半までの流れが横ばい、もしくは下げの流れだったら勝率が高まります。

例を見ていきましょう。

9時から東京時間が始まります。
9時以降、もしくはオセアニア時間から下げている場合は、実は勝率が高いです。

上のチャートは9時半まで下げていたケースです。
9時半を過ぎても陰線が続く場合は、少し下げが落ち着いたところでエントリーします。

利食いは9時53から54分あたりが理想です。

アマギ
仲値トレードでは欲張らずに利食うところではしっかり利食いましょう!

 

次は9時半前まで横ばいのケースです。

横ばいの場合は、9時半になったらすぐにエントリーして大丈夫です。
40分過ぎから良い感じで上げ始めたら、50分あたりでクライマックスになりやすいので早めに利食いましょう。

仲値トレードで勝率の下がる相場

負けやすい相場は、9時から9時半までの時間で既に上げている相場です。

この場合、9時半以降は「上げしろ」が無くなってしまい、レンジだったり反転下落する可能性もあるので要注意です。

例を見ていきましょう。

これが典型的な負けパターンです。
9時半までに上げ切ってしまって、仲値発表前では上げ切れませんでした。

これも同じですね。
日本時間9時から大きく上げて、9時半前に頂点を付けて、以降は下落のパターンです。

ゴトー日の9時半から9時55分までの相場はいつもの感覚と同じでやってはいけません。

それまで上げていたから、もっと上げる・・・ではなく、「上げしろが少なくなっている」と考えます。逆にそれまで下げていたのであれば、「上げしろがまだ残っている」と考えるのです。

過去の相場で検証すると、仲値までの値動きの癖がつかめますので、是非練習してみてください。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

 

私のトレード手法を教材にしました
おすすめの記事