MT4の時間を日本時間表示にする超簡単でベストなやりかた

MT4の初心者さんが、まず最初に困ることと言えば、

日本時間の表示じゃない。時間が分かりにくいなぁ・・・

 

ではないでしょうか?
MT4の多くがニューヨーク市場が終わる時間を24時に持ってきているため(冬時間ならGMT+2、夏時間ならGMT+3)、日本時間のチャートに慣れている日本人からすると、最初はかなり戸惑うんですよね。

アマギ
ちなみに、冬時間にGMT+2の時間がデフォの国は、エジプト、キプロス、トルコ、ブルガリア、ベラルーシ、シリア、ヨルダン、スーダン、ジンバブエ等があります。あまり活発に取引される市場ではないのが残念であります。

 

リアルタイムでトレードしている際は、パソコンの右下の日本時間とチャートの時間を比較すればまだわかります。しかし、問題は過去のチャートを見る時。

「えーっと、MT4の時間では15時になっているから、日本時間だったら・・・あれ?何時だ?」

と戸惑うことが多くなるんですね。

そこで今回はMT4の表示時間を日本時間にする便利なインジケーター「JPN_Time_SubZero」をご紹介します。これさえあれば、MT4の時間表示に戸惑うことはなくなります!

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

JPN_Time_SubZeroの導入方法

最初に、MT4用のインジケーターであるJPN_Time_SubZeroを以下のリンクからダウンロードしてください。

JPN_Time_SubZero

中に入っているJPN_Time_SubZero.mq4を、MT4左上の『ファイル』⇒『データフォルダを開く』⇒『MQL4』と進んだ先にある『Indicators』フォルダ内にドラッグアンドドロップします。

終わったらMT4を再起動して、ナビゲーター内から新たにインストールされたJPN_Time_SubZerをチャートにセットしましょう。

アマギ
デフォルトではローソク足が12本確定する度に縦線も表示します。
不要な情報を削除したい場合は、ここから下の記事も読んでください。

パラメーターを変更してカスタマイズする

インジケーターをチャートに表示できたら、パラメーターを変更して使いやすくしましょう。

パラメーター設定項目は以下の通りです。

カスタマイズできるところは多いですが、優先して変更すべきところが2点あります。

  • TimeInterval
  • Grid

この2点さえ変更すれば、他はいじる必要はないとも言えますね。

アマギ
デフォルト設定では、パソコンの時間を表示します。
なので、時差を考える必要はありません。

TimeInterval

TimeIntervalは、ローソク足が何本確定した所でグリッドと日本時間を表示するか?を決めます。

例えば、5分足表示でデフォルトの12とすると、綺麗に1時間足が切り替わるタイミングでグリッドと日本時間が表示されるようになります。

しかし、この設定のまま1分足に表示を切り替えると、下のように分かりにくくなります。

1分足だと12分に1回グリッドが引かれて、その下に時間が表示されるため、時間の経過が分かりにくいんですね。なので、1分足表示する場合はTimeIntervalは「60」に変更しましょう。

60に変更すると、1時間足が確定するタイミングでグリッドと時間が更新されるので分かりやすいです。

Grid

Timeintervalごとに引かれる縦線のグリッドは邪魔!

そう思う人は、Gridの項目をfalseにしてやりましょう。

グリッドは消え去り、日本時間だけが示されます。

JPN_Time_SubZeroは補助輪的な存在

MT4に日本時間も一緒に表示してくれるJPN_Time_SubZeroは補助輪的な存在です。

これを使ってトレードしていると、自然に日本時間とMT4時間の違いが感覚的に理解できるようになって、MT4時間を見ただけで日本時間もどれくらいになるのかが分かるようになるんですよね。

なので、今現在の私はこのインジケーターを利用していません。
しかし、MT4を使い始めたばかりの方や、どうしても日本時間を意識したい方にはベストなインジであることに間違いはないと思います。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

 

私のトレード手法を教材にしました
おすすめの記事