探り合う下落の中で(2020年8月20日)

8月にしてはそこそこよく動く相場が続きます。

特にポンドはコレといった理由もなく上げています。

テクニカルトレーダーにとって動く理由なんてどうでもいいです。
動くこと自体が正しいのですから!

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2020年8月20日ポンドドル環境分析

日足

上昇トレンド中。
前々日に目立ったレジスタンスをブレイクしたが、翌日に全否定するような大陰線が出現。

チャートパターン的には高値圏での包み足となっており、上値は重たそうだ。

4時間足

上昇トレンド中。
現在は押し目を形成しているが、大陰線が続いていて下落の勢いがある。

1時間足

何とか上昇トレンド中。
前日の強い下げによって、もう少し下げてきたら上昇トレンドが終わりそうである。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:上昇トレンド中。前日は包み足で、下げてくる可能性も否定できない。
  • 4時間足:上昇トレンド中。現在は強い押しが入っている。
  • 1時間足:上昇トレンド中。かなり強い押しのおかげでトレンドが終わりそうな勢い

以上から、上位足は上向きなので上げてきたら積極的にロング、逆に下げてきたら慎重にショートしていく戦略としました。

エントリー

トレード開始時の5分足

トレード開始時の5分足は下のようになっていました。

明確な下降トレンドです。
この勢いを引き継ぐのであれば、ショートが正しいように思えますね。

1回目のエントリー

しばらくして戻りを作って下げてきたのでショートを狙っていきます。

利食い目標は直近安値です。

勢い良く下げて安値を割るも、すぐに戻してきたところで利食いました。
13.2pipsの利益でした。

2回目のエントリー

1回目の利食い後、また戻りを作って下げてきたので再度ショートです。

利食い目標は直近安値。
ブレイクしたらいいなぁという期待もありました。

直近安値は比較的簡単にブレイクしましたが、ブレイクしてもすぐに戻ってきたので利食いました。

18.9pipsの利益でした。

3回目のエントリー

2回目の利食い後、また戻してから下げてきたのでショートしました。

明確な下降トレンドですから、ショートしないとダメですよね。
利食い目標は前回安値です。

-11.6pipsでした。

ハイ。損切りです。

トレンドはいつか終わるものですから、戻り売りをしていたら最後は必ず損切りになります。

それを見越したうえでトレードする。
負けることを覚悟しながらショートする。

昨日はそんな気持ちで3連続のショートをしました。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。