【2019年10月1日】ドル高の流れ!

今日はドル高の方に動いていますね。

ドル円は上昇、ユロドル、ポンドル、オージードルは下落。

この中で個人的に注目しているのはトレード通貨ペアでもあるポンドル。
イギリスの「合意なき離脱」の可能性が弱まったから9月初めに大きく上げたわけですが、また結構下げています。

今月で離脱となる可能性は低そうですが、単に棚上げしてるだけなのでね。。。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

トレード結果

ドル円

東京時間開始前は微妙な下げ相場。
一応ショートして微益。

東京時間が始まって上昇。
その流れに乗る形でロンドン時間でロングして、更に押し目を狙う。

2勝1敗。まぁ悪くはないだろう。
ただ、ボラティリティがもう少しほしい。

トレード結果
  1. 1.6pips
  2. 6.4pips
  3. -3.8pips

ユーロドル

東京時間開始から下落。
その戻りを狙ってショートする。悪くはない結果。

その後ロンドン時間が始まると上昇に転じる。
こうなってしまうと手が打てないので見ているだけで終わった。

トレード結果
  1. 5.3pips

ポンドドル


ポンドルは迷いの相場だった。

波が一定しないためよく分からない、と思っていると、波が広がる動きに変わった。
この手の動きは本当に危険で、触るとやけどをする。

自分の手法はこの値動きではエントリーしないルールにしているため、損失はないが、かつてはこの動きで何度もやられた嫌な思い出しかない。

難しい相場では戦わない。
これが一番だ。

トレード結果

    トレードなし

難しい相場では戦わない

手法によってやりやすい相場、やりにくい相場があります。

トレーダーは自分の手法をしっかりと熟知して、やりやすい相場だけでトレードするのが理想です。もちろん場合によっては後になってから「やりにくかったなぁ」と思うこともあるでしょう。

しかし、やりにくい相場の兆候はあるものです。
それをしっかりと読む。読めるようになる。

これがトレードスキルの一つです。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。