コロナショックでドル安となる中でポンドルをロング(2020年3月5日)

3月5日のトレード記事です。
3月に入ってドル安トレンドが加速し、ドル円は下落、ユーロドルやポンドドルは上昇の流れになっています。

そこでポンドドルをロングしました。

2020年3月5日ポンドドル環境分析

日足

一応まだ上昇トレンド中。
2月序盤までは三角持ち合いが続いたが、それから下落した。

だが直近では底を打って反発して生きている。

4時間足

下降トレンド中。
どう見ても明確なダウントレンドではあるが、何度も安値を更新している流れを見ると、そろそろ反発しても・・・とは思える。

だが、現実的には方向は下であることに間違いはない。

1時間足

1時間足は上昇トレンド。
4時間足を反映するように少し前までは下降トレンドだったが、現在は上昇トレンド。

この流れ的にいけば、ひとつ前の高値を狙えそうではある。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:上昇トレンド中
  • 4時間足:下降トレンド中
  • 1時間足:上昇トレンド中

以上のことに加えて、現状としてコロナショックでドル安の流れに向かいやすい状態であることを考えると、ロングを狙っていくのが良いと考えました。

トレード開始時

5分足

トレード開始時のポンドルは既に上げてしまってヨコヨコになっている状況。
レンジっぽい状態なので、もう少し波が大きくなるのを待ちたい。

大きく上げた押し目を狙う

5分足

それからしばらくして大きく上げて、押し目をつけて反発上昇してきたのでロングしました。

しかーし、相場の動きが早くなっていたせいか、振り落としで損切りにヒット。

結果は-13.2pips。

またエントリー

5分足

それからすぐにまた上げてきたので、これが本物!と確信してエントリーしました。

エントリー後はほとんど含み損を持つことなく急上昇しました。
しかし、ちょっと強めの押し目がイン!

ここで利食いを考えましたが、まだまだ目標値に届いていないのでホールド。

頑張ってホールドしたらさらに高値を更新していきました。

この時点で1時間足の直近の高値を抜けています。
利食いを考えるころ合いですが、5分足を見るとまだまだ大きな陽線が出ています。

ちょっとホールドです。

でも次の足でやはり下げの動意が強まっていることを確信して利食いました。
結果は35.1pips

更に押し目を狙ってエントリー

5分足

利食い後は少し上昇したものの、調整が入って下げてきました。
ここでもまた押し目買いを狙いたいところ。

ここでエントリーしました。

エントリー後はとんとん拍子で上昇。
いやいや、気持ちが良いですね。

そして利食いは直近の高値を超えそうで超えられなかったところで行いました。

結果は19.6pips

3月5日のトレード結果

3月5日のトレード結果は、3戦2勝。41.5pipsでした。

大きな流れで動意が出ている時はデイトレもやりやすいですね。
この状態はしばらく続くと思うので、まだまだがんばりますよ。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。