4時間足のブレイクを確認して(2021年6月15日)

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2021年6月15日ポンドドル環境分析

日足

上昇トレンド中。
ひとつ前の高値をなかなか超えられずにダブルトップになりそうな感じ。

直近では陽線と陰線が入り乱れるレンジ相場。

4時間足

日足のレンジを反映して小さな値幅が続くが、良く見てみると地味な下降トレンド。
何度も反発しているサポートを地味にブレイクしている。

既にサポートとしての効果は消えかけているか?

1時間足

波は大きいが下降トレンド中。
現状としては戻してきてはいるが、どっちに向かうかは分かりにくい。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:上昇トレンド中。直近高値を抜けられずレンジ。
  • 4時間足:下降トレンド中。レンジっぽい。
  • 1時間足:下降トレンド中。

全体として分かりにくい相場です。
4時間足のサポートをブレイクするか、それとも反発するか。

ここをしっかりと見極めてトレードしないと負けそうな環境です。

エントリー

トレード開始時の5分足

トレード開始時の5分足はこんな状況でした。

トレンドなしです。
というか、ボラティリティが小さすぎてトレードしたくないですね。

わけの分からない相場に

しばらく待っていると、地味に下落。

しかし、すぐに強く反発して上昇しました。

ここで押し目を狙いたかったのですが、トレンドを割る勢いで下げて反発してきたので狙えません。

4時間足のサポートを明確にブレイク

ボラが低くて方向もつかみにくい状態が長く続きました。
しかし、それから下方に急落しました。

ここで4時間足のサポートをブレイクしました。
どう見ても方向は下なのでショートしていきます。

1回目のエントリー

下げの戻りを狙ってショートです。

エントリー条件を満たして、ローソク足の上にはドットも出ています。
これは高勝率ポイントです。

エントリー後は強く下げました。
そこから反発してきたところで利食いました。

28.4pipsでした。

その後も戻り売りのチャンスを待ちましたが、下降トレンドが終了。

これにてトレード終了となりました。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

 

私のトレード手法を教材にしました
おすすめの記事