低ボラに苦しむ(8月26日)

8月終盤ですが、FX市場は盛り上がりに欠けております。

それなりに動く日はある一方で、全然動かないこともしばしば。
ある意味ボラティリティが全てのトレーダーにとっては、低ボラは死活問題です。

動きが無ければ必然的にトレードが難しくなりますね。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2020年8月26日ユーロドル環境分析

日足

自分の定義上は上昇トレンドではないが、文句なしで上げている。
だが、直近の動きを見ると少しレンジっぽくなっており、上が重い。

4時間足

何とか上昇トレンド中。

トレンド自体にそれほど勢いはなく、強い押し目をつけて、少し高値を更新してまた下げる状態。

1時間足

下降トレンド中。

だが、現在は上げてきており、このまま直近の高値を抜ける可能性も否定できない。
いずれにしてもボラが無い。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:勢いある上昇中だが、直近ではレンジ感が目立つ。
  • 4時間足:押しの強い上昇トレンド中。
  • 1時間足:下降トレンド中。だが、このままレンジに移行する可能性もある

全体として現在の相場に勢いがないため、レンジっぽい動きになることを覚悟しつつ、その時の5分足の流れに従ってトレードしていくプランでした。

エントリー

トレード開始時

トレード開始時の5分足は以下のようになっていました。

明らかにレンジっぽい動きです。
明確な動きが出るまで待つことにしました。

しばらくすると、少し上下にもみ合いながら下落をして下げてきました。
これならショートを狙えそうです。

1回目のエントリー

下落して、少し戻しを作ってから再度下げてきたところでショートしました。

目標は直近安値です。

エントリー直後から下げたので利食いターゲットに届くと思いきや届かない。

おかげで今一つなところで利食いとなりました。

1.0pipsの利益でした。

2回目のエントリー

1回目の利食い後に戻しを作って下げてきたので2度目のエントリーです。

利食い目標は最低でも直近安値。
できればブレイクを狙いたいところです。

しかし残念!損切りになりました。

-6.8pipsの損失でした。

3回目のエントリー

損切り後、また下げてきました。
1回損切りした後にまたチャンスが来ると、ちょっと不安な気持ちになるのは否めません。

ですが、これも優位性のあるチャンスならば入らなくてはいかんのです!

利食いターゲットは直近安値よりも下が理想です。

エントリー後に勢いよくブレイクしたかのように見せましたが、底が固く諦めました。


2.2pipsの利益でした。

下降トレンドが終了

3回目のエントリーが終了してから勢いある反発を見せて、5分足レベルの下降トレンドが終わりました。

それからどうなるかを見守っていると、よくわからないレンジ相場に移行。

ちょっとこれはおかしいな、ということで、この時点で不用意なエントリーは避けることにしました。

それから大きく下に放たれて、全戻しするという不可解な動きとなりました。
一番よく動いたところでは手出しできずに見てるだけでした。

相場が悪いんだから仕方がないですね。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。