まじでイライラした!(2020年8月11日)

雇用統計も終わって相場の方は枯れた値動きになっています。

それまでよく動いていた相場もだんだんとボラティリティが小さくなっており、トレードも難しいですね。

今回はその中で奮闘したトレードをご覧ください。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2020年8月11日ポンドドル環境分析

日足

明確な上昇トレンド中。
しかし直近の高値が意識されており、ここをなかなか突破できない。

押しが入りそうな状況ではある。

4時間足

上昇トレンド中。
だが、直近の動きを見るとダブルトップを形成しており、やはり勢いが落ちている。

ここから上げることも下げることも予想できるし、レンジになる可能性も高い。なかなか読みにくく、トレードが難しい相場になりそうな感じ。

1時間足

1時間足はレンジ。
それなりに大きな波になってはいるが、方向が定まりにくい。
やはりトレードが難しい局面に入ってきているようだ。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:上昇トレンド中ではあるが、上が重く、押しが入りそう
  • 4時間足:上昇トレンド中だが、勢いが落ちて、ダブルトップを形成。
  • 1時間足:レンジ相場。わかりにくい。

以上から、トレードが難しくなる局面も考慮しつつ、状況次第では上にも下にも狙っていく戦略となりました。

 相場環境を見ることで、現在の相場がトレードしやすいか、それとも難しいかが分かります。

エントリー

トレード開始時の5分足

トレード開始時の5分足は以下のようになっていました。

上昇トレンドです。
しかし、値幅が異様に小さいのであまり面白みもありませんね。

勢いよく上げてきたのでロングエントリー

しばらく見ていると、強く上げてきたのでエントリーしました。

勢いよくラインをブレイクしています。ローソク足の下にドットも点灯しています。
利食い目標は直近の高値です。

エントリー後は好調に伸びはしたものの、すぐに建値に戻ってきたので逃げるように決済しました。

結果は-4.2pipsでした。

押し目をエントリー

1回目の損切り後、次は押し目をつけて上げてきました。

相変わらず5分足では上昇トレンド中ですし、動意も出てきているところですのでロングを入れます。

しかし、残念ながらこれも失敗。
ある程度上げはしましたが、また建値付近まで下げてきたので損切りました。

やはり難しい動きをします。

結果は-3.9pipsでした。

今度は逆にショートエントリー

2回目の損切り後、チャートを見ると高値を切り下げていることに気づきました。

そして、安値を勢いよくブレイクしてきたのでショートエントリーです。

ローソク足のドットもしっかり点灯してブレイクしています。
悪くない!と思っていました。

しかし、思いは虚しく強い反発にあって損切りに。

「勝てねぇぇぇ!」とイライラしてきました。

結果は-9.8pipsでした。

やっぱりもう一度ショート

先ほどの損切り後、なんとまた下げてきました。
熱くなってきていた私は、再度エントリーしました。

確かにトレンドは明確なダウントレンドですし、勢いよくラインを割っています。
しかし、今になって思えば冷静さを欠いているようにも思えます。

しかし、今度は何とか狙った方向に動いてくれました。
直近のラインを割ったところで利食いました。

結果は6.3pipsでした。

大きく反転!下降トレンド終了

先ほどのトレードの利食い後は大きく反発上昇しました。

やはり分かりにくい動きです。
しかし、この上げは明確です。

押し目を狙ってロングエントリー

この上げ後、目立った押し目をつけて急反発してきました。

ドットも点灯して良い感じだったのでロングエントリーです。

今度はタッタッタ!と階段を駆け上るように上昇。
そして頂上で包み線が出たので決済。

結果は20.1pipsでした。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。