ポンドル、直近高値までは上げるよね?(2020年12月3日)

12月3日のトレード記事です。

今週は相場良く動きますね。
これからクリスマスシーズンに入りますので、今年最後の大相場かなと考えています。

クリスマス前からトレードを休むためにも、今が頑張り時です。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2020年12月3日ポンドドル環境分析

日足

上昇トレンド中。
前日に陰線が出て下げたが、ここまでくれば直近の高値まで吸い込まれそう。

4時間足

まだ上昇トレンド中。
前回の安値がサポートとして機能して反発している。

この流れで行けば、やはり直近の高値までは行きそうだ。

1時間足

波がメチャクチャ。
トレンドの判断がしにくい。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:上昇トレンド中。直近の高値付近まで上げそう。
  • 4時間足:上昇トレンド中。直近の高値まで上げそう。
  • 1時間足:波がメチャクチャ。分かりにくい

1時間足では方向がつかみにくいですが、日足と4時間足は明確な上昇トレンドで、直近の高値までは進みそうな感じです。

なので、上げてきたら積極的にロングを狙うつもりでした。

エントリー

トレード開始時の5分足

トレード開始時の5分足は以下のようになっていました。

前日のニューヨーク時間から大きく上昇して、東京時間で押し目を作って反発しています。

1回目のエントリー

チャートを監視し始めてすぐに、押し目から反発してきたのでエントリーです。

利食い目標は最低でも直近高値。
最高なら青天井www。

東京時間ながらもそこそこ上昇してくれました。

17.1pipsの利益でした。

2回目のエントリー

1回目の利食い後、また早い段階で押し目から反発しました。

押しが浅いのですが、私のエントリー条件をしっかりと満たしています。

ただ、ここから直近高値を目指すのはリスクリワード的には最悪なので、当然高値をブレイクすることを大前提でのエントリーです。

目論見通りブレイクはしました。
が、反発も強く、含み益を大きく削られてしまいました。

7.9pipsの利益でした!

3回目のエントリー

2回目のエントリー後少し大きく上下に振れてから押し目を作って反発した所でエントリーです。

最悪、このままレンジにハマる可能性もあるという考えもありました。
ですが、まだブレイクできるんじゃないかな?と思えたんですね。

辛い戦いでした。
何度も利食いしようかなと思いました。

でも、ホールドしたおかげで大きな勝ちを得られました。

39.0pipsの利益でした!

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。