明確な上げ相場のなかでつまみ食い(9月1日)

9月に入りましたね。

今年の8月は本当に暑く、更にはコロナの追い打ちでマスクで外出しなければならず、必然的に引きこもりがちになりました。

早く涼しくなって、コロナも収束してくれるのが一番の理想です。
改めて考えると、コロナが無い普通の日々がいかにありがたいかわかりますね。

今日は9月1日のトレード記事です。
この日は午後から用事があったので、ほんの少しのトレードになっています。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2020年9月1日ポンドドル環境分析

日足

上昇トレンド中。

今年の2月終盤の高値で少し調整が入ったが、前日の足で明確にブレイク!
勢いに弾みがついた。

4時間足

上昇トレンド中。

少しレンジのような流れにも見えたが、ここにきて上昇の波が大きくなった。

1時間足

上昇トレンド中。
8月終盤から勢いを増して上げてきている。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:上昇トレンド中。目立ったレジスタンスを抜けてきた
  • 4時間足:上昇トレンド中。上げに弾みがついている。
  • 1時間足:上昇トレンド中。勢いがある。

以上のことから、ロングを狙うしかない!という戦略でした。

エントリー

トレード開始時の5分足

トレード開始時の5分足は以下のようになっていました。

5分足では地味なダウントレンドです。
上位足の状況を考えれば、これは単なる押し目を作っているところと考えたいですね。

1回目のエントリー

地味に下げていた5分足が、急に上げ始めて、前日の高値をブレイクしました。

ローソク足の下に緑色のドットも表示されているので、これはブレイクする可能性が高い!

そう考えて入りました。

エントリー後は少し押しが入って失敗した感もありましが、何とか上げてくれて利食いできました。

13.6pipsの利益でした。

この後は用事もあったのでトレードは終了しました。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。