2020年1月30日「BOEが意識される中でのトレード」

1月30日はスーパーサーズデー。
利下げ観測が高い中で、結果としては据え置きで大きく上げましたね。

様々な意見がある中で、結構良いトレードができました。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2020年1月30日ポンドドル環境分析

日足

相変わらず上昇トレンド中だが三角保合。

ただ気になるのは、現状が下限にレートがある点。
ここを下にブレイクすると面白そうだ。

4時間足

4時間足も日足の動きが反映されて保合相場。
波は徐々に小さくなっている。

そしてこっちでもトレンドライン付近にレートがある。
これまでのセオリーで行けば反発するが、ブレイクも見てみたい。

1時間足

現状は下降トレンドだが、戻し中。
トレンドラインに支えられるのか、それとも割ってくるのか?
よく分からない。

環境認識まとめ

環境認識まとめ

  • 日足:上昇トレンド中だが現在は三角保合で方向感はない。
  • 4時間足:保合の下限にレートがあり、反発するかブレイクするかの瀬戸際
  • 1時間足:下降トレンド中。方向としては下だが、反発も気になる。

以上から、強く下げてきたらショートを狙う、反発したら様子を見る。
という結論に至りました。

エントリー

1回目ショート

トレード開始後しばらくしてからの5分足です。
ダブルトップを作って下落中ですが、どうも勢いがないというかチャートが見にくいですね。

そこから一気にドカンと下落。
1時間足の向きも下なのでショートを入れます。

強く下げて、反発したところで利食います。
結果は14.6pipsでした。

この時の1時間足は下のようになっていました。

直近の安値が意識された形ですね。

2回目ロング

1回目の利食い後は一気に上昇して全戻ししました。

結果として力強い上げですが、1時間足の方向が下である事や、BOEが近い事もあってロングはしません。

その後BOEで「金利据え置き」となると爆上げ!
というか、情報漏れてたんじゃないか?と思いたくなる動きですね。

その後も上昇は続き、押し目を作って反発したところでロング。
利食いは直近の安値で行いました。

結果は20.3pips。

BOEとイギリスのEU離脱を前にどんな動きをするか不安でした下、結果オーラーイでした。
最近はポンドが動いてくれて嬉しい限りです。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。