ポンドの暴落止まらない(2020年9月10日)

9月に入ってからポンドの暴落が止まりません。

再びEUとの通商交渉が難航中というのが一番の原因です。
『もうなぁなぁでいいじゃないですか!』と他人事のように思っちゃいがちですが、当事者からすれば利権とかも関わってくるので、譲れない点が色々とあるのでしょう。

ポンドの正念場再び!の現状です。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

2020年9月10日ポンドドル環境分析

日足

上昇トレンド中。
だが9月に入って流れが一気に変わった。

下げの勢いが強い。

4時間足

長らく続いた上昇トレンドが終了。
現状で明らかに大きな下げの波となっている。

1時間足

文句なしの下降トレンド中。

環境認識まとめ

環境認識まとめ
  • 日足:上昇トレンド中だが、下落の最中。
  • 4時間足:長らく続いた上昇トレンドが終了
  • 1時間足:下降トレンド中

以前までは1時間足だけが下降トレンドで4時間足、日足は上昇トレンド中でした。

しかし、ここにきて4時間足も上昇トレンドが終了。
明らかに下げの勢いが強く、上位足の方向にも波及してきています。

そして現在のポンドが売られやすい状況を考えれば、ショートを意識する方が有効だと考えていました。

エントリー

トレード開始時の5分足

トレード開始時の5分足は以下のようになっていました。

一応上昇トレンド中ですが、波は弱いです。
もう少し目立った動きが出るのを待ちたいところです。

しばらくすると、保合いっぽい動きから下げに転じて下降トレンド入りしました。

目論見通り下げてきたので、戻り売りのチャンスを待ちます。

1回目のエントリー

先ほどの状態から下げてきましたので、戻り売りを仕掛けます。

利食い目標は直近安値です。
勢いがあればブレイクっても良いかなと考えていました。

しかし結果は無残にも損切り。
ちょっと下げはしたものの利食いには届きませんでした。

-7.6pipsの損失でした。

上昇トレンド入り

損切り後、価格は強く上昇して、上昇トレンド入りしました。

かなり勢いがありますよね。
なので次は戻り売りを狙うことにしました。

2回目のエントリー

先ほどの上げから押し目を作って反発した所で入ります。

利食い目標は直近の高値です。

しかし、ギリギリで届かずに中途半端に上下し始めたので利食いました。

15.2pipsの利益でした。

3回目のエントリー

2回目のエントリーの利食い後、急落しました。

勢いよく直近の安値をブレイクしたところで下降トレンド入り。
そしてドットも連続して点灯していることから、優位性のあるポイントと認識しました。

そして強く反発した所で利食いました。

30.4pipsの利益でした。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。