和也のこれで稼げないならFXやめたら?2: メンタル編2

 本当に強い格闘家は知っている。1万種類のキックを1回ずつ練習する奴は怖くない。1つのキックを1万回練習する奴は怖いと。
手法の積み重ねをするのではなく、同じ手法でデータを積み重ね、検証と工夫を繰り返す。血が滲んでもキックを繰り返せば、稼げるようになるのではなく、負けが少なくなってくる。
(中略)
トレードで鍛えあげた相場観は、日常生活の隅々にまで無意識のうちに波及する。見た目は同じだが、中身は全く違う変化を遂げFXを始めた頃には無かった、大きな自信を持ち生きることができる。俺はこういう成功者を何人も見てきた。
俺はこれからも命ある限り、経済的自由を手に入れようと本気でキックする奴らを応援し続ける。

松田和也さん」というトレーダーさんの書かれたメンタル本です。
和也さんは他にも色々な電子書籍を販売していますが、この本だけkindleunlimitedで無料で読めたのでレビューします。

アマギ
内田塾が好きな人はお勧めですよ!

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

お上品さを求める人はやめとこう

この本は基本的に「です。ます。」調ではなく、読者に対して強気の上から目線で訴えかけてくる文体でかかれています。

例を挙げましょう。

  • ○○と思わねぇか?
  • 1000人以上のヘタレに会ってきた
  • おめぇら・・・○○だろ

まぁこんな感じの文体です。
なので、上品な文章を求める人は読むのはやめておいた方が良いと思います。

逆に内田塾のようなオラオラ系の文章読んでも気にならない人なら大丈夫です。

アマギ
そういえば内田塾の人気が絶頂の頃って、似たようなオラオラ系のブログ多かったですよね。

ルールを守れないトレーダー、勝てないトレーダーなら何かが得られる!

この本は60ページちょっとで一般的な書籍と比べると文字数は少ないです。

ですが、「勝てないトレーダーはなぜ勝てないのか?」ということを重点的に解説してあり、和也さんがこれまでに多くのトレーダーに直接会って教えてきた経験から、どう考えていくべきかが示してある良書です。

また、どういった態度でトレードの目標を作り、どのように日常を送るべきなのか。
モチベーションを高く持つためにはどうするのか?

など、トレード手法を支えるための「メンタル」について様々な角度から、様々な例を出しながら解説してあるので、とても分かりやすく参考になります。

アマギ
ちょっと上から目線の文体も、なぜか説得力が増しているように感じられるから不思議ですよね。

ナンパとFXは似ている!

個人的に凄く納得できたのが終盤に書かれているFXとナンパの類似点です。

ナンパは女性に声をかけてデートする行為ですよね。
ナンパで成功するためには、自分自身の身なりを整え、トーク術を磨き、そしてナンパで成功しやすい女性に声をかける必要があります。

声をかけるだけでも優位性は出てくるものですが、やっぱり勝率100%にはならない。

それでも、何度も声をかけて失敗してもめげずに続けていけば、ナンパの技術も磨かれて徐々に勝率も上がっていく。だけど、必ずナンパが成功するわけではない・・・。

コレってトレードと似ていませんか?

トレードも何度も何度も損切りに合って、負け続けても技術を磨きながら挑戦を続けて、徐々に手応えを感じる。

手応えを感じて技術が身についても、100%勝てるとは限らない。

アマギ
こう考えるとナンパとFXって本当に類似点が多いですよね。

トレードは誰も叱ってくれない、だから・・・

個人トレーダーの場合、トレードで失敗しても誰も叱ってくれないですよね。

私はかつてルールが守れずに大損した時に「誰か叱ってくれないかなぁ」と思ったことがあります。自分で作って「これを守るぞ!」と決めたルールすら守れなかった自分がそれだけ許せなくて悔しかったんです。

きっと同じような思いをした人、多いと思います。

そんな人は、この本を読むと、ちょっと気が楽になるというか、自分がこれから何をしていけば良いのか?が見えてくるようになるんじゃないかなと思います。

最初はイロモノ的な本かなと思いましたが、気付いたら3回ほど読み返していました。
難しいことは一切なく、分かりやすくてとても惹き付ける文章です。

トレードで悩んでいる人は、ぜひ読んでみることをお勧めします。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。