FXは資金管理だけで勝てるわけがない

先日私がトレードを教えているS君から、こんな質問をもらいました。

S君
FXは資金管理だけで勝てる説があるんですけど、本当ですか?

FXは資金管理だけで勝てる?

世の中には数多くのトレード戦略があります。
その中には、手法自体の優位性なんてどうでも良くて、資金管理だけで勝てると主張する手法もあるんですね。

さて、あなたは本当に資金管理だけで勝てると思いますか?
私個人の意見をまとめたいと思います。

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。

資金管理だけで勝てるわけがない!

はい、最初に主張しておきます。

FXは資金管理だけで勝てるわけがない!です。

手法の優位性が無ければ勝つことはできません。

もし、手法の優位性なしに資金管理だけで勝つ場合を考えてみましょう。
例えば、勝ちトレードになる時はロットを3倍にする、と言う資金管理はどうでしょうか?

これなら優位性の無いルールでも勝てます。

いや、ちょっと待ってください。
「買いトレードになる時はロットを3倍にする」ことが出来るのなら、「すでにトレードの勝ち負けが事前にわかっている=優位性のあるエントリーが出来る」ということになりますから優位性の無いルールから矛盾してしまいます。

都合よく勝てることろでロットを上げる、負けるところでロットを下げる、なんてことは不可能なんですね。

アマギ
つまり、優位性の無い手法に対して、普通に資金管理をやっていても勝てないことになります。

マーチンゲール法は優位性の無いゲームの中で生まれた

ルールに優位性が無くても勝ちたい。

この考えは、元々カジノで生まれました。
カジノにあるブラックジャックやルーレットなどのゲームは、運営者である胴元が絶対に儲かるようにルールが作られています。そうじゃないとあんな豪華で煌びやかな設備やサービスを維持できませんからね。

プレーヤーはルールは変えられません。

変えられるのはベットの方法、つまり資金管理のみ。
こんな苦しい状況の中で資金管理術が生まれたわけですね。

例えばルールレットについて考えてみましょう。

ルーレットにはボールが落ちるポケットが37個あります(ヨーロピアンスタイルの場合)
ポケットには赤と黒に塗り分けられていますが、0のポケットだけは緑色です。

ルーレットでは様々な賭け方がありますが、ボールが落ちたのが赤のポケットか黒のポケットかを当てる一番オーソドックスなルールでゲームをするとします。

当たったら賭けたお金が倍になって戻ってきて、外したらお金が没収です。

このルールでの勝率はこうなります。

ボールが赤色のポケットに落ちる確率は48.46%(18÷37)
ボールが黒色のポケットに落ちる確率も48.64%(18÷37)

赤と黒のどちらにベットしても勝率100%にはなりません。
なぜなら、緑色のポケットに入る確率が常に2.7%あるからです。

この2.7%がカジノの取り分(優位性)となりますので、ゲームのルールに従う以上は、プレーヤー側には優位性が無いのです。

 

それでも何とかして勝ちたい!

その考えで生まれたのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法とは、負けたら賭ける金額を倍にする資金管理戦略です。

例えば3回連続で負けて、4回目に勝ったとしてます。
最初の賭け金は1万円とすると

1回目:1万円⇒負け
2回目:2万円⇒負け
3回目:4万円⇒負け
4回目:8万円⇒勝ち

この4回のゲームの結果を総合すると、なんと1万円のプラスになります。

凄いですよね!魅力的ですよね!
これがマーチンゲール法です。

アマギ
マーチンゲール法の名前の由来は、南フランスのマーティギュー出身者が倍プッシュ法を好んで使っていたことから、「マーティーギュー」⇒「マーチンゲール」となったそうです。

マーチンゲールは非常に危険

実は私はオンラインカジノにハマったことがあります。
FXを始める前の2004年頃です。オンラインカジノの黎明期です。

私はこの時にマーチンゲール法を知りました。
負けても倍でやっていけば、いつか必ず全部取り戻せるなんて激熱じゃないですか。

すぐにマーチンゲール法を取り入れてブラックジャックをプレイしましたが、連敗が続くと「次も負けたらどうしよう?」と不安になります。

例え勝率が5割近くても、5連敗、6連敗なんてザラにあります。
賭けるお金は、2の連敗数乗だけ増えていきますから、6連敗した場合は2の6乗なので、スタート時の賭け金の64倍でプレイしないといけません。

スタートが1万円だったら64万円です!
しかも、64万円賭けて勝ったとしても一連の勝負のトータルを見るとほんの少しプラスになるだけ。リスクに見合わない資金管理方法になるのです。

更にもう一つ致命的な弱点があります。
マーチンゲールを続けて負け続けたら、ベットするお金が無くなるのです。

お金が無くなればそこで試合終了です。
スッカラカンになって終わるのです。

FXでもマーチンゲールだけでトレードするのはダメ

FXでもマーチンゲール法を推奨する手法やマーチンゲール法を使うEAが沢山あります。

これらの多くが高勝率を謳います。
特にツイッターなんかで「儲かります!」と宣伝しまくっているEAの多くがマーチン系です。

たしかに連敗続いても、最後の最後でしっかりと取り返せるのなら良いでしょう。
でも、ロジック自体に優位性が無く、単にマーチンのおかげで一時的にプラスになっている手法やシステムは、必ず崩壊します。

アマギ
でも、マーチンを使うと高勝率にって見栄えも良くなるから、売れるんです。

 

優位性が無ければ、どんなに優れた資金管理をしても最終的にはマイナスになるのです。

しかし、カジノはルールを変えられませんが、FX市場で取引をする分には我々トレーダーが好きに売買ルールを作って取引が出来ます。

上手い売買が出来て、それを最大限に引き立てる資金管理戦略が使えれば、トータルで勝てます。

資金管理は、あくまでも手法の引き立て役、手法あっての存在、と言うことを忘れないようにしてください。

 

あなたの応援が更新の励みになります。
応援のクリックをぜひよろしくお願いします。